着物一式を訪問着買取に持込

着物を着るときには、長襦袢、帯、帯揚げ、帯締めなどのほかに、腰紐や伊達締め、ぼて、襟芯、足袋、草履、肌襦袢といった着付け用品が必要になります。これら一式をそろえようとするとかなりの費用がかかるため、通常は着付け用品はどの着物でも使いまわして、目に見える部分だけを変えるようにしています。とはいえ、着物ごとに帯や帯揚げなどの小物類一式をそろえるというのも困難ですので、購入するときにはセットになっているものを購入する人が多いです。その方が、統一感のあるコーディネイトになりますし、着物の知識がない人でも格式の違う組み合わせをしてしまうといった不安はありません。
訪問着買取に出すときには、このようなことを踏まえてセットの状態で持ち込むことが歓迎されます。もちろん、長着だけでもその品物に応じて査定をしてもらえますが、帯などの小物類を使う予定がない場合には、できるだけ一緒に使っている小物類も一緒に見てもらいましょう。プラス査定になり、単品で持ち込むよりもトータルの買取価格が高額になります。特に、長襦袢は長着と同じ寸法で仕立ててあるため、着付けの時にも袖がずれることもなく合わせやすく、需要が高くなっています。

訪問着買取で一式持ち込むとなると、店舗までかなりの大荷物を運ばなければなりません。そもそも、近くに店舗がないため、着物を処分できないという地域もたくさんあります。このような場合には、遠方の業者の中でも出張見積もりや宅配査定を行っているところを探すという方法もあります。出張見積もりというのは、業者が連絡を受けて、着物を保管している場所まで出張してその場で見積もりを出してくれるサービスです。そのまま金額に折り合いがつけば、現金を受け取って商品を持ち帰ってもらいます。宅配査定は、業者の住所宛に宅配便で着物一式を送り、後日メールや電話などで見積もり額を連絡してもらうという方式です。この場合、送料は自己負担になることが多いです。こういったサービスのみで買取をしており、店舗を出さない業者もいますが、店舗を持たないことで経費を抑えて買取額を高くしてくれます。着物の買取を利用したことがなく、どの業者に依頼すればよいのかがわからないという場合には、こちらのサイトで業者探しをするのもおすすめです。いずれも高額査定に定評があり、実績のある買取業者ですので、安心して申し込むことができます。詳しいことはこちらよりご覧ください!→http://xn--tor17a185el2pm3c.com

Leave a Comment

Filed under 訪問着

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>